今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

ゲーテ一日一言
ゲーテ一日一言


木原武一(きはら ぶいち)
本体1619円+税
2009.7
978-4-7593-1078-8


詩人で小説家、劇作家、そして科学者で政治家、と、いくつもの顔をもつ達人ゲーテ。25歳のときに書いた『若きヴェルテルの悩み』は出版と同時に国内外で大反響を呼び、かのナポレオンも7回も読んだと伝えられます。また生涯の大作『ファウスト』は死の前年まで58年の歳月を費やして完成されました。科学者としては自然現象全般に関心を寄せ、科学方法論や植物学、動物学、地質学、気象学に関する論文を書いています。もっとも力を入れた『色彩学』は大作『ファウスト』をしのぐ長大な著作です。政治家・行政官の仕事と並行して旺盛な創作活動を続けたゲーテですが、その華やかな恋愛遍歴でも知られています。10代から70代の老いらくの恋まで、十指にあまる恋人の存在が知られており、それぞれの体験は創作の大きな原動力となっていました。本書はゲーテ作品(書簡や日記、対話録も含む)の中から現代の私たちの心に響く言葉を、一日一言形式で網羅しており、どなたが読んでも、思わず膝を打ちたくなるような言葉に出会うこと請け合いです。人生を豊かに生きるためのゲーテ名言集としても味わい深く、ぜひベッドサイドに備えて楽しんでいただきたい一冊です。


ホームへ