今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

日本復興(ジャパン・ルネッサンス)の鍵 受け身力
日本復興(ジャパン・ルネッサンス)の鍵 受け身力


呉 善花(お そんふぁ)
本体1600円+税
2011.5
978-4-7593-1179-2


日本文化には、外部からやってくるものを押しのけたり排除したりせず、積極的に取り込んでいこうとする活発な動きがあります。しかも、取り入れたものを自分たちに合うように変化させながら、元来の質を失うことなくしっかりと持続させていく。こうした文化的な性格 は、他の諸国には見られない日本固有の特質であると著者はいいます。
3月11日に東日本大震災が起きました。日本は温帯性の「穏やかな自然」のなかに「突発的に猛威をふるう自然」を含む、独特な自然環境のもとに生活を営んできた点で世界に類例のない国です。こうした風土的な特性が、日本人の精神的な性格のなかでも大きな特徴とい える「いさぎよさ」「思い切りのよさ」の心性を形成させてきました。そこにあるのは「受け止める強さ」であり、造りなおして足場を固め、前へと進む反復する強さです。
「受け身」という言葉は、主体性に乏しいという印象がありますが、決してそうではなく、積極的に他者のものと自分のものを合成して新たなものを生み出したり、融合によって自分も他人も生きることのできる新たな世界を切り開いていく働きです。
著者は、日本文化は基本的に受け身をモットーとする文化だと考えてきたといいます。本書は日本人のすぐれた精神文化を世界に発信し ていくための必読の書であり、東日本大震災後の日本人に勇気をもたらす一冊となっています。



ホームへ