今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

ワタナベ家のちょっと過剰な人びと

ワタナベ家のちょっと過剰な人びと



渡部玄一(わたなべ げんいち)
本体1400円+税

2013.2

978-4-7593-1296-6



著者の渡部玄一さんは、チェリストであり、日本の知の巨人・渡部昇一氏の長男である。
母は、ピアニスト、姉もピアニスト、弟はヴァイオリニストという音楽一家である。
父は、子どもたちに幼い頃より独特な教育を課していた。一日、一つの『論語』、百人一首の暗記、なわとびと、始めたら一日も欠かすことは許されなかった。そのおかげで、毎日、必ずやる!というパワーを叩き込まれ、どんな厳しいレッスンにもめげることなく果敢に挑戦することができた。
家族五人のエディンバラでの生活は、家族の絆を強くし、家族のそれぞれの愛の過剰さは、家族って、いいな、兄弟って、いいな、と思わせる共感に満ちている。今一度、家族の有り難さを考えるきっかけになるエッセイである。


ホームへ