今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

あのころ、うちのテレビは白黒だった
あのころ、うちのテレビは白黒だった

昭和の時代のふつうの暮らし


平野 恵理子(ひらの えりこ)

本体1500円+税

2020.8

978-4-7593-1712-1



1960年代の「あのころ」。私はおかっぱ頭の小さな子供で、素足に下駄をつっかけて未舗装の道路を駆け回っていた――。
著者が振り返る、高度経済成長期の日本の暮らしと、ごく普通の「おうち」。引き戸をカラカラと鳴らして中へはいると、玄関の床は玉砂利。ちゃぶ台が置かれた居間を通って子供部屋にはいり、金髪丸顔の人形「パピーちゃん」とおままごと。縁側で日向ぼっこして、旅行のお土産をゆっくり眺めて…。今より「ビンボー」だけど、心楽しく幸せな暮らしがよみがえります。
まだ白黒テレビが活躍していたころの懐かしい生活風景を、あたたかなイラストと文章でつづった本。当時を知っている方も、まだ生まれていなかった方も、どうぞごゆっくり、懐かしき家でお過ごしになってくださいませ。


ホームへ