今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム

コロナとがん――リスクが見えない日本人
コロナとがん――リスクが見えない日本人


中川 恵一(なかがわ けいいち)

本体1400円+税

2020.10

978-4-7593-1733-6



ワクチンが行き渡れば全面解決
――こう思い込んではいませんか?

ワクチンの接種には、副反応によって死ぬかもしれない、というリスクがあります。ということは、この副反応のリスクを認識したうえでワクチンの接種を受ける必要があるということです。さらにいうと、この副反応による死者数は、新型コロナウイルスによる死者数を上回る可能性さえあるのです。

著者の目には、日本人の新型コロナウイルスへの反応が、2011年に福島第一原発事故が発生した際に示したものとまったく同じ、だと映るそうです。

「この現象は、社会を壊すほどのものなのだろうか」
根底には、この問いが存在します。同時にこれは、「リスクといかに対峙していくべきか」と変換でき、ここに回答することを本書は企図しています。

ヤマザキマリさんとの対談を収録!


ホームへ