今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム


はじめてでもよく分かる ラグビー観戦入門
著 者
斉藤健仁
定 価
  本体1300円+税
発 行
  2019.8
ISBN
  978-4-7593-1676-6
はじめてでもよく分かる ラグビー観戦入門
ラグビー見ようぜ!

「ルールが難しい」
「何が行なわれているのか分からない」
「ラグビーの見どころってどこ?」

 よく聞く言葉や疑問ではあります。一見すると非常にややこしいものでも、「原則」を知っていただくことができれば、グッと身近に、分かりやすく、ラグビーが楽しめるようになります。
 「ここさえ分かればラグビーが面白くなる」というポイントを、丁寧に説明することが本書のコンセプトです。
 ラグビーという競技が持つシンプルな面白さと、観戦を楽しむための目のつけどころを、分かりやすく解説しています。


第1章 “ラグビー”ってどんなスポーツ?
第2章 試合の流れを知ろう!
第3章 反則を知ろう!
第4章 ポジションを知ろう!
第5章 素朴な疑問に答えます!


 世界中のスポーツファンを魅了し続けているラグビー。パス、キックといったボールゲームの要素の面白さもあれば、タックル、スクラムなど格闘技の要素もあるところが大きな魅力です。そのため練習でも試合でも相手を称えてプレーしなければならず、ファンもいいプレーがあれば敵でも味方でも拍手を送ります。
 国際統括機関「ワールドラグビー」が2009年、「ラグビー憲章」を作り、5つの核となる価値観(コアバリュー)を定めました。それが左記の5つとなります。

品位(INTEGRITY)――「ゲームの核をなすものであり、誠実さとフェアプレーによって生み出される」。

情熱(PASSION)――「ラグビーに関わる人々は、ゲームに対する情熱的な熱意を持っている。ラグビーは、興奮を呼び、愛着心を沸かせ、世界中のラグビーファミリーとの一体感を生む」。

結束(SOLIDARITY)――「ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心につながる、一つにまとまった精神をもたらす」。

規律(DISCIPLINE)――「ゲームに不可欠なものであり、フィールドの内と外の両方において、競技規則、競技に関する規定、そして、ラグビーのコアバリューの順守を通じて示される」。

尊重(RESPECT)――「チームメイト、相手、マッチオフィシャル、そして、ゲームに参加する人を尊重することは、最も重要である」。

 日本でも長らく、「結束」や「規律」に含まれるラグビーの教育的価値が評価されていましたが、この5つの価値観こそラグビーが持つ伝統的、普遍的な魅力を表現しています。
 今回、「ラグビーに興味があるけど、どこから手をつけていいかわからない」といった人々向けの本を書く機会をいただきました。この本を読んで、ラグビーが本来持っている魅力、価値を知って、より楽しくラグビーをプレーし、観戦する一助になれば嬉しい限りです。


9月末より日本で世界大会が開催され、盛り上がりを見せております。
9月28日の大金星が記憶に新しいところですし、この活躍によって「ラグビーに少し興味が出た」という方もいらっしゃると思います。
本書はまさに、そんな方にお勧めの1冊です。

「にわか」でもいいんです。
誰でも最初はにわかファン。
本書を入り口として、ラグビーの面白さや奥深さにハマっていただければ幸いです。


斉藤 健仁(さいとう けんじ)

スポーツライター。
1975年生まれ、千葉県柏市育ち。
ラグビーとサッカーを中心に執筆をする。エディー・ジャパンのテストマッチ全54試合を取材。「DAZN」でラグビーの解説者としても活躍中。
高校時代はタックル好きのFB。
『世界最強のゴールキーパー論』(出版芸術者)、『ラグビー「観戦力」が高まる』(東邦出版)、『田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由』(ガイドワークス)、『ラグビー語辞典』(誠文堂新光社)など著書多数。





ホームへ