今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム


韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧
著 者
宮崎 正弘・藤井 厳喜
定 価
  本体1200円+税
発 行
  2017.8
ISBN
  978-4-7593-1556-1
韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧
豊富な独自情報と鋭い分析眼で、激動の国際情勢に鋭く切り込む!

韓国に北朝鮮、アメリカ、中国をはじめ、日本を取り巻く状況は大激変。
今、政治・経済・軍事の世界で、何が起こっているのか。
我々にはなかなか分からないこの問題に、豊富な独自情報と鋭い分析眼で、宮崎 正弘・藤井 厳喜の両氏が鋭く切り込みます。
日本を取り巻く国際情勢がよく分かる、必読の1冊です!


第一章 北朝鮮問題はどこまで暴走するか

第二章 アメリカの大変貌

第三章 朝鮮半島の統一はあり得るだろうか?

第四章 世界の大変貌 中国、EU、ロシア、そして極東

第五章 これから何が起こるのか(政治・軍事・経済)

第六章 北朝鮮有事と日本の対応

第七章 日本経済は沈没するのか、上昇するのか


世界は今、従来の国際秩序が半ば崩れかけ、その連鎖で予期せぬ方向へパラダイムシフトが起きつつある。世界各地で、それも大がかりに。
アメリカが世界の警察官だった頃、日本は安全保障を真剣に考えることはなかった。
ヨーロッパにおいてはロシアに対峙するNATOが機能していた。アジアに日米安保、米韓安保条約ならびに台湾関係法があって平和という秩序が成立していた。
こうした旧秩序が中国の軍事的台頭と突出という新しい事態によって大混乱と未曾有の攪乱が惹起され、列強入り乱れての混沌という激動を経て、新世界秩序へ向かっている。こうした認識と展望に立つと近未来が透けて見えるようになる。
いったい日本は大丈夫なのか?
(まえがきより)

中国ウオッチャーの第一人者で、「現場主義」を大事に世界各地に自ら足を運ばれる宮崎正弘氏と、トランプ大統領誕生を予測、テレビ・ラジオをはじめ各媒体で活躍されている国際政治学者 藤井厳喜氏の対論集です。
テレビや新聞だけではなかなか分からない国際情勢の裏側をお二人が鋭く分析。
一見、無関係な二つの出来事が実は繋がっている、といった知的興奮を味わうことができます。
日本を取り巻く国々をはじめ、世界は大きく動いています。日本国内だけでなく、世界の政治や経済の「今」に興味がある人にはぴったりの一冊です。


宮崎 正弘(みやざき まさひろ)

1946年生まれ。82年『もうひとつの資源戦争』で論壇に。
中国問題をはじめ、世界情勢の深部に斬り込み分析するレポートに定評がある。
著書に『拉致』(徳間書店)、『トランプノミクス』(海竜社)など。
最新作は『金正恩の核ミサイル』(育鵬社)。

藤井 厳喜
(ふじい げんき)

1952年東京生まれ。トランプ大統領誕生を予測した国際政治学者。
(株)ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。
呉竹会アジアフォーラム代表幹事。
著書に『最強兵器としての地政学』(ハート出版)、『トランプ革命で復活するアメリカ』(勉誠出版)など。
最新作は『米中激戦!』(飯柴智亮氏との共著・ベストセラーズ)。





ホームへ