今月の特集 ジャンル別検索 著者五十音順 書店様へ ご注文方法 会社案内 ホーム


大人のにほんご辞典
著 者
齋藤 孝
定 価
  本体1300円+税
発 行
  2018.8
ISBN
  978-4-7593-1614-8
大人のにほんご辞典
知的に品よく見せるオトナのあいうえお帖

 大人、特に社会人になると、普段話している言葉からその人の知性が分かってしまうものです。同じ会話をするなら、知っている言葉も豊富で、楽しく会話ができる人のほうがよいもの。あなたの日本語知識は大丈夫でしょうか。この事典で知らなかった言葉を勉強して、知性アップを目指してみてはいかがでしょう。
 本書は単なる「辞典」ではありません。単純に言葉の意味を説明する「辞典」ではなく、活用例や「ひとつ上の大人になる使い方」等、言葉を総合的に紹介している「事典」です(本書「はじめに」にその意図が説明されています)。あいうえお順に掲載されていますが、あたまから順に読んでいかなくても、どこからでも自分の興味のあるところから読み始められるようになっています。


はじめに

まずはここからあいうえお

キリリと使えるかきくけこ

さに柔らかくさしすせそ

デキる大人のたちつてと

ナニひとの情よなにぬねの

ひらたく平和にはひふへほ

身をもて助くるまみむめも

やれこりゃお手上げやゆよで勘弁

らんちきれきれきらりるれろ

以て尊し最後はわをん


「語彙は人なり」ということを、ときどき感じます。その人がどんな「語彙」を使って話をしているのかに、その人の人となりが表われる。とりわけ、その人の「教養」の程度と「品格」が表われるように思います。(中略)
ですから、社会人になったら、やはり社会人にふさわしい語彙を身に付けていくことが必要です。それによって、社会人らしい会話ができるようになります。


明治大学文学部の教授で、日本語に関する著書も多数ある齋藤 孝先生が選んだ言葉に、先生独自の解説。先生の国語の授業を受講しているつもりで、本書を読んで立派な”大人”を目指してみてはいかがでしょう。


齋藤 孝(さいとう たかし)

1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。同シリーズは260万部のベストセラーになり、日本語ブームを巻き起こした。主な著書に『読書力』『コミュニケーション力』(以上、岩波書店)、『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)、『大人の語彙力ノート』(SBクリエイティブ)、『言いたいことが一度で伝わる論理的日本語』『50歳からの名著入門』(以上、海竜社)等がある。著書累計発行部数は1000万部を超える。TBSテレビ「新・情報7days ニュースキャスター」、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」等テレビ出演も多数。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。





ホームへ